子供がいない生きづらさ。子供まだ?子供作れ!子なしハラスメントを一覧にしてみました。

  • URLをコピーしました!
ひきこもりこ

こんにちは、子なし引きこもり主婦のひきこもりこ@hikikomorisyufuです

結婚したら子供ができる、子供を持つべきという固定観念が根強いこの社会で

子なしを生きる女性は多かれ少なかれハラスメントを受けています。

子なしの理由は様々なのにです。

子なしの理由
  • 初めから子供は持たないと決めていた人(選択的子なしさん)
  • 仕事などの諸事情で出産のタイミングを逃してしまった人
  • 不妊治療などの努力をしたものの授かることが出来なかった人
  • 経済的理由で子供を持たない・持てない人
  • 身体的理由で子供を産まない・産めない人

などです。

(ちなみに私は不妊治療をしたものの授からなかったタイプです。)

理由は様々なのにそれが理解されていないため偏見が…

この記事では、子無しのあるある話に華を咲かせて気持ちを昇華させたい人子なしの人が身近にいるけど気持ちに寄り添いたいという方の役に立てると思います。

目次

子なしハラスメントとは

子なしハラスメントとは?

子どもがいない人に対して不快な言動・行動をすること。

仕事とプライベート、どちらでも起こり得るハラスメントです。

今回は子供がいない私が感じたハラスメントとTwitterで知り合った同じく子供のいらっしゃらないフォロワーさん達が感じたハラスメントを一覧にしたいと思います。

どこかの誰かが子なしあるあるに癒されて明日も逞しく生きれますように!

供さんは?

聞く人にとっては一度目の質問かもしれませんが、される方は何度となくされています。

その度に胸がチクリと痛むのです。

同じ様な質問に「子供さんはおいくつ?」

「子供さんは何人?」もあります。

子供がいない人には分からない。子供がいたら分かるのに

どちらも母親になった私には分かる、貴女は分からないよね、というマウンティングです。

分からなくてごめんなさいと思いますが

子供のいない人の気持ちが貴女には分かりますか?

と逆に問いたいです。

子供を産んだ人には分かる

これは前の項目と似ていますが、産んだ人にしか分からない何かはあると思います。

でも男性は産んでいないから分からない、

代理出産も養子縁組も否定する言葉ですよね。

産めなかった人の気持ち、貴女には分かりますか?

親になって初めてわかった親の苦労→感謝

子どもができて、改めて親の偉大さが分かった!という感謝からくるこの気持ち

子なしには分からないと思いますか?

不妊治療を経て子供を授かれなかった私は生命が誕生する偉大さや不思議を強く感じ

親に感謝する気持ちや縁の深さを感じます。

子供はどうしていないの?作らないの?できないの?どっち?

欲しいと思ってできないの?作らない人なの?という確認。

それ聞く必要がありますか?

私は実際にされて凄く惨めに思いました。

1人は子沢山の同僚でした。

子だくさんの人には分からないかなという諦めもありましたが

2人目は不妊治療で子供を授かった経験者でした。

不妊治療経験者でも喉元過ぎれば熱さを忘れるんだなと思いました。

子供いなくて義実家で話すことあるの?

これは新婚当時言われたので、その時はあまり実感がありませんでしたが

今になってみると子供がいたらもっと義実家で義母や義父と話すこともあり

仲良くなれていたんじゃないかと思います。

子供いないとお金かからないね

これは素直にそうですね、と返事をします。

老後にお金を貯めてまーすぐらいの自虐ができるほど強くなりました。

子供いないと散らからないでしょ?

こう言われたら「生きてたら一人暮らしでも部屋散らかりますよ」と笑って言っています。

私にこれを言った人は1人暮らし未経験者です。

子供いなくて昼間何してるの?

私はパート主婦ですがよく言われます。

専業主婦の方もよく言われるそうです。

子供がいなくても部屋は汚れるし

洗濯物はでるし

お腹は空くし

家にいてもすることは沢山あります。

まだ出来るんじゃないの?

高齢出産した芸能人の例を挙げたり、身近な人のレアなケースを持ち出して

「まだできるんじゃない?」と言われても…。

こちらは様々な事情があるのです。

その励まし必要ですか?

作り方知らないの?教えてあげようか?

私は実際言われたことが無いですが幼少期言われていた親戚をみたことがありますし

安倍昭恵さんも言われたと雑誌のインタビューで語っていました。

セクハラであり子なしハラスメント以外の何物でもなく

吐き気がするので絶対言わないでほしいし罪に問うて欲しいくらいです。

仲が良過ぎるとできないらしいよ

どんなアドバイスですか?

他所様は不仲なのにセックスするんですか?

不思議な理論だなと思います。

ペット飼うとできるってよ

ペットは家族であり、妊活の慰めではありません。

犬と毎日散歩していたら体が整って妊娠したっていう成功例はあるとは思います。

子供ができないのは家に仏壇がないからだ

悩みを打ち明けあうような友達に

「ずっと気になっていて手紙を書こうかと思っていたんだけどひきこもりこちゃんに赤ちゃんが出来ないのは家に仏壇がないからだと思うんだけど。」

と言われたことがあります。

絶句しました。

あなたの信仰深さに傷つけられる人がいること気づいてる?と言えませんでした。

と唐突に言ってきたのです。

もちろん両家の実家には仏壇もお墓もあります。

親族一同傷つけられたような悲しい気持ちになりました。

いい母親になっただろうね、なって欲しかったな

母になって欲しかったは、フォロワーさんが言われたと言っていました。

なれなかった人になって欲しかったと他人の気持ちを押しつけられても…

こちはら何と返せばいいですか?

私がいい母親になっただろうねと言われた時はやはり言葉がでませんでした。

PTAあるから出勤代わって

学校行事が忙しいという話はよくある話です。

そんな話子どもがいない夫婦の前でしないでとは言いませんし、してくれて構いません。

でも出勤は変わりたくありません。

「子供が居ないんだから」という理由だけで仕事を押しつけるのは勘弁して欲しいです。

子供いないし残業できるよね

できません。

子供がいなくても体は疲れます。

介護しなければならない親がいるかもしれません。

子供欲しくないのに何で結婚するの?

貴女は子供が出来なかったら好きな人と結婚しませんでしたか?

男は種馬で

女は産む機械ですか?

私は好きな人と一緒にいたいから結婚しました。

子供を産まないなんて親不孝

孫を見せてあげたかった。

私もそう思います。

申し訳なくも思います。

でも私の両親はできた人で私達を急かしたり責めたりしたことはありません。

子供が幸せであればそれでいいというスタンスでいつも居てくれます。

子供がいない人は気楽でいいね

子供がいないとママ友付き合いや子供のイジメ問題に関わらず生きていけるという面だけは気楽かもしれません。

子供がいじめの加害者になったり、犯罪者になったりする心配はないから。

でも生きていたら気楽でいれる瞬間はそういつもいつも無いと私は思います。

子ナシは未熟

よく聞く言葉です。

女性として半人前ということでしょうね。

Twitter上で子育て中のママさん達がアンチ不妊さまという感じでツイートしています。

子なしは未熟、そう言ってしまえる貴女が未熟だなと思います。

子供は絶対に産むべきだよ

べき理論ですね…

べきで生きる人は生きづらいと思います。

子どもいると、世界が変わる

変わるだろうなと思います。

私は赤ちゃんを産む痛みも感じられない

授乳もできない

ランドセルも選べない

キッザニアに子供連れて行きたかったなと思いますし

母の日に感謝されることも敬老の日を祝われることも一度たりとも経験できません。

変わった世界を感じてみたかった

でも子供のいない人生を歩むことになった私も見える世界が変わりましたよ。

早めに産んだほうがいいよ

年取ってからだと子育てキツくなるから早い方がいいよって

優しい思いやりに溢れたアドバイス…

子供産むこと前提ですか?

早い方がいいという貴女のその思いやり

世の中には様々な事情を持つ人がいるという思いやりに変換していただけませんか?

老後どうするの?

これまたよく聞かれます。

私は子供がいない人生を覚悟を持って歩んでいます。

自分の生き方に誇りと責任を持っていきています。

子供を老後の介護要員に思ったりはしませんし

ピンピンころりを目指して逞しく生きて死ぬ覚悟です。

近所には子供がいても一人で暮らすお年寄りが数人います。

子供がいても老後は独りかも?そんなケースもあるのです。

それとも独りにならないように縛りつけておきますか?

私は老後を1人で生きて1人で死ぬ覚悟を決めています。 

もちろん旦那様とどちらかの命が尽きるまでは末永く一緒にいれることが1番の目標です。

子なしハラスメントと多様性

子供を作るということは、あくまでも1つの選択肢であると当人だけでなく周囲が認識してくれるだけで

子なし夫婦は生きやすくなります。

多様性が問われる昨今、

私も自分が経験していない立場にも思いを寄せながら生きていきたいと思います。

created by Rinker
¥572 (2022/09/26 07:43:55時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子なしのひきこもり主婦です。
不妊治療をしましたが子どもに恵まれませんでした。
子どものいない人生を楽しく生きることに挑戦中。
マイノリティな立場で愚痴を言いあう人もいない毎日、そんな日々を誰かと共有し誰かの役に立てれば私の孤独も救われる、そんな思いでこのブログを始めました。
夫婦2人でこれからの人生を楽しみたいと思っています。

目次
閉じる